治療方法

鍼灸

東洋医学の基本的な考え方に「気」と「血」の密接な関係が挙げられます。

簡単に言えば「気」の流れが「血」の循環を促し、「気」の滞りが「血」の滞りを生み、病へとつながるわけです。

「気」の流れは外部の環境や人間の感情の変化などで変化するのですが、「気」の滞りが起こると、いわゆる「ツボ」と言われる部分に押されて痛むなどの変化をもたらします。そして、その反応がある「ツボ」に刺激を与え、「気」の循環を促すことを目的にハリ・灸を用いるわけです。

鍼灸の効果は多岐にわたり、単に痛みを緩和させるにとどまらず、自律神経系の不調や婦人科疾患などにも効果が認められ、副作用も無いことなど、最近では世界的な保健組織であるWHO(世界保健機関)にもその効果が評価、注目されているほどなのです。

整体

人は普段の生活で知らず知らずのうちに身体の歪みをつくっていきます。 その筋肉や骨格の歪みが痛みや辛さ、だるさ等の身体の不調の原因となります。 私の整体はこの『歪み』をとり、身体のバランスを調整することが目的となります。

整体といっても巷には色々な方法がありますが、私の場合は骨をわざとバキバキ鳴らして強引に矯正するようなものではなく、また、患者さんを無理な体勢にして痛みを伴うようなものでもなく、関節をゆっくり動かしたり、身体に柔らかい刺激を入れていく方法です。

初めての方の中には「えっ、これでらくになるの?」と思う方もいらっしゃるかも知れません。無理やり矯正しなくても、ゆがみがとれれば身体は楽になってゆくのです。

ヒーリング

ヒーリングとはまだまだ日本では一般的に認知されていないかもしれませんが、イギリスなどでは一般的な治療法として行われております。

一言で言うと、患者さんに必要なエネルギーを与えていく治療法なのですが、その方法はパワーストーンを使用したり、声を使ったり、手を当てたり、香りを使ったり、音楽を使ったりと色々あります。

私の場合は主に『手当て療法』になります。いわゆる『気功』のようにとらえて頂ければわかりやすいかも知れません。
気功で人を倒したりするようなものではないのでご安心を!